節酒での健康管理

節酒での健康管理

「酒は百薬の長」ともいわれるように、適度なお酒が健康管理につながっている人もいます。ストレスを解消したり、熟睡したり、消化を促してくれることもあるでしょう。しかし、過剰に飲酒をすると、悪影響しか起こりません。健康管理をするためには、自分に適量のお酒の量を知り、節酒することも必要です。

 

具体的な量は、ビールなら中ビン1本、日本酒なら1合、焼酎なら0.6合、缶チューハイはら520ml、ワインなら180ml、ウイスキーならダブル1杯程度が適量といわれます。これより飲んでいるなら、過剰な飲酒をしていると考えられます。

 

毎日飲み続けることも、体の負担になっています。週に2度くらいは、全くお酒を口にしない休肝日を作ることも大切です。

 

仕事の関係上でも、どうしても毎日飲む必要があるという場合には、ノンアルコール飲料で気分を紛らすという方法があります。そのせいか、最近ではノンアルコール飲料がとても売れているようです。

 

お酒を飲むとつまみを食べすぎてしまうという人も、健康のためによくないことです。お酒が進む料理は、揚げ物や塩分が多い高カロリーのものが多いのです。

 

そのため、消化もしにくく、体に悪いものが溜まってしまいます。合間に水を飲んだり、ノンアルコール飲料を挟むなどして、工夫しながら飲むことをおすすめします。つまみも、消化の良い野菜中心のものやカロリーの低い薄めの味付けのものを選んだほうがよいでしょう。

メニュー
最新記事