痛風の予防法

痛風の予防法

痛風は尿酸が血液の中にたまり、結晶化したり血管内を詰まらせたりすることでおこる、一種の生活習慣病です。なので生活習慣を見直すことができれば、予防も治療も行えるので必ず見直すようにする必要があります。

 

痛風の原因は尿酸が体外に排出されず、体内に残っているためおこることですがそもそも尿酸は食品などに含まれるプリン体を多く摂ることで尿酸の生成が増えてしまったのが原因ですので、プリン体の多い食べ物を控えることが痛風の予防に繋がります。また、痛風は尿酸がたまることで起こる病気なので、尿酸を体外に排出できるようなカラダ作りをすることも痛風の予防に繋がります。

 

もともと体質的に尿酸がたまりやすい人は、プリン体が含まれるものを必要以上に摂らずに適度な運動をすることを心掛けて下さい。運動をした後など水分補給を小まめに摂るようしましょう。小まめに水分を摂ることで、尿の排泄促進に繋がり、尿酸をカラダの中にためないので尿酸値の減少をすることができます。

 

ですが、水分補給として炭酸やビールなどで補ってはいけません。その理由は、炭酸やビールにはプリン体が多く含まれ、ビールを大量に飲むことで逆に脱水症状をおこしてしまうからです。

 

痛風の予防としては、バランスのとれた食事と適度な運動を行うのが一番効率的です。食事の場合はプリン体がゼロのものはほとんどないので食べすぎや飲みすぎに注意して栄養のバランスを考えた食生活を送るのがポイントです。逆にビタミンやミネラルが不足してしまうと代謝が上手く行えず尿酸ができやすくなるので注意しましょう。

メニュー
最新記事